急な休みにも対応してもらえる環境づくり

 

繰り返しになりますが、不妊治療は長期間となる可能性が高いですし、また、通院回数も多く、治療のスケジュールによっては、前もって通院日程が決まらないケースもあります。

 

そのため、仕事をしている人は、その時間作りに苦労することになるので、不妊治療と仕事の両立というのは、それほど簡単なことではありません。通院のたびに、丸々一日ではないにせよ、仕事を休まなければなりませんし、時には数日間連続して休むこともあります。

 

例え事情があったとしても、自由に休みが取りにくい職場や、シフト制などで、そもそも急には休めないといった職場もあるので、不妊治療のために仕事を辞めるという人もいるのが、実情です。

 

もし、運よく休みが取れる職場だったとしても、職場の雰囲気によっては、休むことによる負い目や周囲への対応、仕事の遅れなどによって、精神的にも肉体的にも、ストレスを抱える可能性もあります。

 

まずは周囲の理解を得ることが重要

このように、仕事と両立しながら不妊治療を続けていくことは、自分一人が頑張れば何とかなる問題ではなく、職場の上司や同僚から理解を得て、周囲からサポートを受けられる態勢を築いておく必要があります。

 

しかし、不妊治療に対する正確な知識を持っている人は少なく、そのような人たちからすると、頻繁に病院に行くこと自体にも、疑問に感じることがあるので、不妊治療について理解してもらうためには、ただ伝えるだけでなく、しっかりと説明をすることが大切です。

 

とはいえ、不妊治療はかなりプライベートなことですし、できることなら周りの人には話したくないという気持ちになる人は、多いと思います。(特に、職場の人間関係が微妙な場合は、その気持ちは強いはずです。)

 

ちなみに、パタパタも人工授精の段階までは、それほど通院回数が多くなかったこと、仕事の後に通院することが可能だったため、不妊治療のことを、職場の人達には、全く話をしませんでした。

 

良い結果が出なかった時に、周りに気を遣われたくなかったということもありますし、やはりこういったプライベートな部分は、人には話したくなかったというのが、正直なところです。

 

また、上司が男性なので、こういう話をどこまで話して良いのかも分からなかったですし、話したところで理解してもらえるのかという疑念があったので、話す気になれませんでした。

 

ところが、いざ体外受精にステップアップとなった時に、思っていた以上に、多くの通院回数が必要となることを知り、さらに平日にも頻繁に半休を取らなければならなくなるため、これは仕事を辞めないといけないのかなと、考えたりもしました。

 

幸い、パタパタの職場はもともと休みの取りやすい職場で、自分の仕事をしっかりとしておけば、休んでも何も言われない環境ではあったのですが、それでもさすがに、きちんと理由を伝えずに、それほど頻繁に休みを取ることには、やはり無理があると感じました。

 

しかし、職場自体も楽しかったですし、パタパタも働くことが嫌いなわけでもなく、しかも体外受精はかなりの高額であるため、経済面から考えても、どうにかして仕事は続けたいなと思い、思い切って上司に相談することにしました。

 

文章では、伝わりにくいかもしれませんが、実際に上司に相談するまでには、かなり悩みましたし、その間には、ボーミーとも何回も話し合いましたが、結論が出るまで時間がかかったので、バタバタは、その時期に大きなストレスを感じていたのを覚えています。

 

上司は、子供はいるものの妊活の悩みなどは、なかった人だったので、きちんと分かってもらえるかが不安でしたが、これまでの経緯とこれからの治療の予定、どれくらい休まなければいけなくなるかなどを全て話しました。

 

その結果、意外にも上司は、妊活や不妊治療にかなり理解を示してくれ、その後は、社内で一番応援してもらえたので、様々な面でのサポートを受けることができました。

 

もっと早く相談しておけば、余計なストレスを感じることがなかったのにと、今でも思っています。(それについて夫婦でケンカすることもあったので、なおさらです。)

 

上司に不妊治療に取り組むことを伝えたことで、パタパタは休みが取りやすくなりましたし、休みの承認をもらう際の、後ろめたい気持ちも軽減され、精神的にも楽になりました。また、身体のことも気遣ってもらえたので、本当に助かりました。

 

このように理解ある上司に恵まれたことも、元々休みが取りやすい環境だったということも、かなりラッキーなことだったのですが、もし、私たちと同じように悩んでいるのであれば、上司に相談することを、前向きに考えてみてください。

 

急な休みにも対応してもらえる環境づくり

自分の働き方を考える

もし、周囲に不妊治療のことを話して、理解してもらった後は、それに甘えるだけでなく、例え自分が頻繁に仕事を休んだとしても大丈夫となるような環境を、自分で作っていく必要があります。

 

休ませてもらって当たり前、助けてもらって当たり前、ではなく、周囲へかかる迷惑を最小限にしつつ、かつ、休むことによる自分の仕事の負担を、少しでも減らせるような働き方を考えていくことが大切です。

 

そのためには、休んだことで仕事が滞ることがないように、自分の仕事の進め方を変えていったり、休んだ時に周囲にフォローしてもらえるような体制を作ったりしなければなりません。

 

パタパタも、会社を休むからには周りに迷惑をかけないようにと、仕事の仕方を工夫しました。まず、前日や前々日に通院日が決まることもあるため、急な休みとなった場合でも、対応出来るように、仕事の納期は全て、前倒しで進めるようにしました。

 

また、休んだからといって自分の仕事量が減るわけではなく、物理的に時間が足りなくなることが分かっていたため、効率良く業務を遂行出来るように、仕事のやり方についても、改善していきました。

 

そして、自分の仕事が今どういう状況なのか、自分が不在の時でも、周囲の人が分かるようにしておくことを心掛けて、不在時に、ほかの人が困ることがないようにしました。

 

普段から良い人間関係を築いておくこともポイント

パタパタはもともと職場の人と仲が良く、また、周りはいいひとが多かったので、とても助かりましたが、いざというときに助けてもらうためにも、普段から職場で円満な人間関係を築いておくことは、とても大切です。

 

バタバタの不妊治療告知後は、スタッフと出来るだけコミュニケーションを取るように心がけました。お礼や挨拶を、しっかりと行なうようにしましたし、少しでも恩返しが出来るようにと、それまで以上に仕事も頑張りました。

 

そういったこともあって、とてもありがたいことに、妊娠するまでの期間、また妊娠後も産休に入るまで、多くの人が支えてもらえました。

 

こういった経験をしていることもあり、働きやすい環境が作れるかどうかというのは、自分自身の行動次第という要素もあると感じています。

 

最後に

近年の傾向としては、妊活を応援する企業が増えており、会社からサポートを受けやすい状況になりつつあります。そういったことも含めて、自分一人で閉じこもって考えて、仕事を辞めるという決断をする前に、一度、上司に相談してみることをオススメします。

 

ちなみに、不妊治療に取り組むことを、あらかじめ伝えておけば、会社側も仕事の調整や人員増員などが、行ないやすくなるので、会社側の視点で見ても、早めに状況を教えてもらえるというのは、プラスと言えます。

 

もちろん、本当に会社から理解してもらえるのか、不安を感じて、なかなか言えないという人、不妊治療という自分のプライベートにかかわることを、人に言うことには、抵抗を感じる人もいると思います。

 

職場の環境や人間関係などの事情は、それぞれなので、どうしても言いたくない(言えない)という状況にある人もいるかもしれませんが、そんな時にも、1人で悩むことは止めてください。

 

保健センターなどの公共の支援機関に相談に行くという手段もありますし、今だと、病院も、こういった相談に乗ってくれるところが、増えています。(豊富な事例を持っているので、的確なアドバイスを受けられることが多いようです。)

 

私たちの通っていた病院では、仕事と不妊治療を両立するためのセミナーも開催されており、役所や企業の方が、講師としてやってきて、色々なことを教えてもらえたので、参考になりました。

 

周りの環境や勤めている会社によって、事情は異なりますが、仕事を続けながら、不妊治療に取り組むことが、十分に可能です。

 

もし、あなたが、不妊治療のために、会社を辞めないといけないと悩んでいるようであれば、自分一人で思い詰めることはせずに、周囲の人に相談して、サポートを求めてください。温かいフォローを受けられるはずです。(今の社会も捨てたものではないです。)