不妊治療には時間が必要

 

どのような方法を選択するとしても、不妊治療は、ある程度の治療期間が必要となるものなので、治療に多くの時間を取られることになります。

 

特に、人工授精や体外受精を何度か行なうとなると、治療は長期化しますし、病院への通院回数もかなりの回数となります。

 

通院においては、単純に診察にかかる時間だけでなく、長い待ち時間や移動の時間もかかるため、不妊治療を始めるには必ず一定以上の時間を作らなければならないということを頭に入れておかなければなりません。

 

そのため、特に働いている女性や、まだ小さな子供がいる女性などにとっては、治療のための時間を作ることが一番苦労することかもしれません。

 

不妊治療は長期戦になる可能性が高い

不妊治療には様々な治療法があるので、事前にしっかりと検査をすることで、自分の身体に最適な治療法を導き出す必要があります。

 

不妊の原因が分からない場合には、もっと詳しく調べることになりますし、そこで、何らかの原因が特定された時には、まずは、そちらの治療に取り掛かることになります。

 

そうなると、不妊治療を始めるまでに、ある程度の時間がかかりますし、治療が始まった後もそうなので、長期戦を覚悟しなければなりません。

 

特に、私たちがそうでしたが、体外受精は時間が必要な治療なので、1年単位といった長いスパンで考えることになります。

 

実際にパタパタは、タイミング法、人工授精、体外受精とステップアップしていったので、妊娠に至るまでの治療期間が長くなりましたし、体外受精の前には、かなりの数の検査を受けたので、そこでも時間がかかりました。

 

さらに、その事前検査において、子宮筋腫があることが判明したために、追加検査を受けることになり、何も問題がない人と比べても、検査項目が増えてしまいました。すぐに治療を始めたいのに始められない、もどかしさを感じたことを覚えています。

 

不妊治療は、そういうものだという知識がほとんどなかったので、時間が経っていくことで、年齢的にどんどん不利になっていくのではないかという焦りも出ました。

 

結果論なので、比較するのはおかしいのかもしれませんが、私たちは、タイミング法から体外受精までの、ひととおりの治療を経験して妊娠に至ったため、最初から体外受精をしていれば時間短縮出来たのではと考えてしまいました。

 

ただし、それは、現実的な選択ではなく、始めのうちは、肉体的にも、金銭的にも、時間的にも、負担の少ない治療法から、開始するのが当たり前ですし、やはり多くの病院では、そのような考え方をするものだと、知人の看護師から教えてもらいました。

 

病院によっても違いがありますが、どうしても速く治療を進めたいのであれば、担当医に、そのことをしっかりと伝えて、話し合うことをオススメします。

 

ちなみに、初期の治療法であるタイミング法だけでも、排卵のチャンスはひと月に1度しかないため、6回チャレンジするだけでも、半年はかかることになります。(一般的にタイミング法の治療効果が期待出来るのは、6回までと言われています。)

 

それで結果が出なければ、そこで次の治療法を試すことになるので、こんなふうにしていれば、あっという間に1年や2年が、経ってしまいます。

 

人気の病院は初診の予約すらなかなか取れないことも

ちなみに、人気のある病院や総合病院では、初診の予約を取ること自体、大変なので、そこで時間がかかることも多いです。私たちが体外受精を行なった病院も、周りからの評判が良く、患者数がとても多かったため、初診の予約もすぐには取れない状況でした。

 

その病院に通うために、今まで通院していたクリニックで紹介状をもらったのですが、予約が詰まっているため、初診の予約が取れたのが、紹介状をもらってから3週間くらい先の日程でした。

 

(それも、たまたまキャンセルが出て空きが出たから取れた枠だったので、本当だったら、1ヶ月以上、待たされることになったようです。)

 

せっかく治療を開始する決心をしても、私たちのように、まず初診を受けるだけでも1ヶ月、その後の検査で2~3か月、と、具体的な治療を開始するまでにも、どんどん月日が経ってしまうケースは決して少なくありません。

 

私たちもそうでしたが、年齢的な問題で、猶予がないということにならないように、不妊治療に取り組むことを考えているのであれば、余裕を持って早めに、治療を開始することをオススメします。

 

不妊治療には時間が必要

通院にはかなりの時間がとられる

繰り返しになりますが、実際に不妊治療に取り組む際には、何度も病院に通うことになるので、通院にも、かなりの時間がかかることになります。

 

それでもまだ、前もって診察時間の予約が出来て、その予約時間通りに診察が終われば良いのですが、そううまくはいかないのが、実情です。

 

私たちも通院するようになってから、初めて知ったのですが、不妊に悩んでいる人は意外と多く、病院はいつも待合室のソファが満席状態となるほど、混みあっていました。

 

特に、最初に通っていたクリニックは、予約が出来ない病院だったため、待ち時間だけで一時間半以上となることが、度々ありました。

 

その後、転院した総合病院の不妊外来では、こちらは完全予約制になってはいたものの、それでも常に多くの人が待っていて、予約をしていても、診察を受けるまでに、待たされることが多かったです。(予約した時間に、診察を受けられるのは、稀でした。)

 

仕方のないことなのですが、このように、病院によっては、非効率的な部分もみられるので、治療外の余計な時間がかかってしまいますし、予約状況によっては、急なスケジュール調整が求められることもあります。

 

私たちの通っていた病院に関しても、総合病院ということもあり、上記のこと以外にも、効率が悪いと思うことが多くあり、そのことで、長時間病院に拘束されるハメになるので、予定通りに進まず、ストレスを感じていました。

 

特に、仕事を抜けて通院しているような場合には、予定の時間に戻れないとなると、周りにも迷惑をかけてしまいますし、時間を気にして焦りやイライラが募るので、かなりのストレスになります。

 

ちなみに、休日や祝日に空いている病院は少なく、仕事をしている人が診察を受ける場合には、仕事を休むか、途中に一度抜け出していかなければならないので、その時間を確保することも容易なことではなく、職場の理解が必要となります。

 

風邪などが原因での通院であれば、大体が1度か2度の診察で済むので、体調不良などの理由で問題なく休めますが、不妊治療では、何度も病院に通うことになるので、休みをもらう明確な理由を会社に求められることになります。

 

特に、体外受精ともなれば、2、3日おきに通うことが珍しくないですし、状況によっては、毎日通わなければならなくなることもあります。

 

また、1回のチャレンジで妊娠出来れば良いのですが、何度もチャレンジする場合には、何か月にも渡って、休みを申請する生活が続きます。

 

そのような状態が続くと、周りのスタッフが心配して身体のことを聞いてくるかもしれないですし、何か変な事情があるのかと、行動を不審に思う人が出てくる可能性もあります。

 

知人の看護師から聞いた話ですが、上司や同僚に不妊治療中であることを話さず、病院に行くために何かしらの理由をつけて、欠勤や早退をしていた人がいるそうです。

 

その人は体外受精治療中ということもあり、かなりの日数を休まなければならず、その結果、会社に居づらくなったことに加えて、毎回、休みの理由を考えることに疲れ、会社を辞めることにしたそうです。

 

不妊治療に取り組むことを、上司や同僚に隠して始めたため、途中では、言いだせなくなり、最後まで嘘をついていたことが原因ということでしたが、最初から伝えておけばよかったと、悔やんでいたようです。

 

なお、治療の日程は、卵子の成長具合などで決まるので、急に休みが必要となることが多いですし、注射によってホルモンバランスが崩れてしまい、突然体調が悪くなり、仕事に行けなくなる可能性が、少なからずあります。

 

こういった状況が、全ての人に当てはまるわけではないのですが、仕事をしながら不妊治療をやっていくのであれば、特段の事情がない限り、あらかじめ上司や同僚に事情を話して、しっかりと理解してもらっておくことをオススメします。

 

一方で、仕事はしていなくても、2人目の不妊で悩んでいる時にも、通院時間の確保が大変になることがあるので要注意です。病院によっては、不妊に悩む患者さんへの配慮として、子供を連れていくことを禁止しているところもあるからです。

 

そういった病院に通う時には、子供の預け先を確保する必要がありますし、その預け先への送迎の時間なども考慮すると、1人目の不妊治療での通院と比べても、より多くの時間がかかるということになります。

 

私たちの通っていた病院も、子供を連れてきてはいけないとされており、なかには診察科のドアの前で、パートナーに預けている人もいましたが、ほとんどの人は、どこかに預けていたようなので、みなさん大変そうですと、看護婦さんが話をしていました。

 

このように、一概に不妊治療と言っても、個々の状況によって、治療期間に大きく差がありますが、どのようなケースにおいても、ある一定の時間が必要となること考慮して、治療のスケジュールを立てていく必要があるということを、頭に入れておいてください。