不妊治療にはお金がかかる

 

ご存知の方も多いと思いますが、不妊治療にかかる費用は意外と高額です。なぜなら不妊治療でかかる病院代には、健康保険が適用されず、自己負担となるケースが多いからです。

 

タイミング法にかかる費用

タイミング法であれば、通院しても保険適用となることがほとんどですし、自分でチャレンジするにしても、排卵検査薬や婦人用の体温計が必要となるくらいなので、それほど費用はかからなくて済みます。

 

なお、タイミング法で通院をした場合の費用としては、ひと月でおよそ数千円~1万円といったところです。

 

そのままタイミング法で妊娠できれば良いのですが、タイミング法で妊娠することができず、人工授精、体外受精へと、ステップが進んでいくに連れて、かかる費用は、どんどん高額になっていきます。

 

人工授精にかかる費用

人工授精自体にかかる費用は、保険適用外となるので、全額自己負担となり、病院にもよりますが、一回1万円~2万円程度のお金が必要となってきます。それにプラスして、通院の診察代と、検査があれば、検査費用なども追加でかかることになります。

 

一回あたりの金額は、それほど高額ではありませんが、何度もチャレンジすることになるケースが珍しくなく、その場合には、決して小さな負担とは言えないぐらいの金額となってきます。

 

私たちは、人工授精に6回チャレンジしたのですが、それにかかった費用はトータルで15万円程度でした。内訳としては、人工授精自体に約9万円、その他の診察代や検査費用に約6万円といったところです。

 

体外受精にかかる費用

さらに体外受精ともなると、治療費自体もかなりの高額になることがほとんどですし、事前の検査費用、治療に使う薬代などについても、保険が適用されないケースが多くなっています。(この薬代がかなり高い値段だということも、治療費を高額にしている理由の一つです。)

 

事前検査の費用については、検査項目によって金額は大きく変わりますが、女性が3~5万円、男性が1~3万円といったところです。

 

体外受精自体にかかる費用は、こちらも病院や方法によって異なりますが、1回の採卵で、15~40万円程度かかるうえ、その後の移植や薬代を含めると、トータルで30~100万円程度の費用が必要となります。

 

そのうえ、一度で治療が済めば良いのですが、妊娠できなかった場合には、また高額な治療費がかかってしまいます。

 

ただし、一度の採卵で複数の卵子が取れた場合には、使わない卵子を冷凍しておいて、次の移植でまた使うことができます。その際は移植にかかる費用だけで済むので、費用は初回よりは少なくなりますが、それでもやはり高額にはなります。

 

実際に、私たちの体外受精にかかった費用は、事前検査で約7万円(子宮筋腫のMRI検査を含む)、その後、採卵1回、移植1回をしたのですが、採卵と移植、また、それらに使用した薬代を含めて約80万円でした。

 

ちなみに、この金額に比べると微々たるものですが、体外受精の場合は、人工授精などに比べて通院回数が多くなるので、通院のための交通費もかさんでいきます。

 

(家から近い病院であれば問題ないのですが、遠くの有名な病院に通院するといった場合には、そのあたりも考慮しておく必要があります。)

 

また、無精子症などの男性不妊の場合では、外科手術で採取した精巣組織から、精子を取り出す精巣内精子回収術(TESE)を行うケースもあり、その場合は別途20~40万円の費用が、必要となります。

 

このように、体外受精は高額な費用がかかるため、私たちが不妊外来の最初のカウンセリングにおいても、治療には、精神的に辛い時期があることに加えて、このお金がかかるということについては、入念に説明を受けました。

 

その時には、治療ごとにかかる費用を伝えられ、料金表一覧をもらったのですが、まだ検査もしていない段階で、私たちの治療方法も決まっていなかったので、この先いくらかかるのか不安になったのを覚えています。

 

ちなみに、採卵と移植以外にも、卵子と精子を受精させる工程においても、様々な費用がかかり、当たり前のことなのですが、医療技術が高度になればなるほど、その費用は高くなります。

 

例えば、通常の受精方法ではなく、注射器で卵子に直接精子を注入する顕微授精を行なった場合には、費用は約3~5万円程度上がりますし、受精後の卵子を育てるステップによっても、また費用が変わってきます。

 

受精卵をどのステップまで育てて移植するのか、細胞分裂の初期の頃なのか、それとも着床直前の胚盤胞まで育てるのか、といったことになるのですが、もちろん少しでも長く育てた場合のほうが費用は高額になります。

 

それらは自分で選べるというよりは、先生の方針や、その人の卵子や精子、体の状態によって最善の方法を決められることが、ほとんどです。そのため、費用がいくらになるのかは、実際に様子を見ながらやってみないと分からない、といった状態でした。

 

たまたま、その病院の看護師と、元々の知り合いだったので、他の患者さんがトータルでどのくらいの費用を出しているのかを個人的に聞いてみたのですが、費用にはかなり個人差があるので一概には言えないが、平均としては約200万円程度との返答でした。

 

なお、私たちが通っていた病院は大きい総合病院ということもあり、不妊治療に長く通っている人が多く、その中には、1000万円以上を使っている人もいると聞いて、不安は増してしまいました。

 

不妊治療にはお金がかかる

不妊治療をいつまで続けるのかも、考えてみよう

不妊治療は、妊娠しない限り、先の見えないトンネルの中に、ずっといないといけないので、お金もどのくらいかかるのを予想するのは難しいです。

 

また、なかなか妊娠できない場合、治療をやめるタイミングも難しいです。長く治療を続けていればいた分だけ、今までのお金や時間など、やってきた多くのことが無駄になってしまう気がするので、途中で諦めることは簡単ではありません。

 

そういったことも考慮して、体外受精にチャレンジする際には、何回まで、または何年まで、といった期限をあらかじめ自分たちで考えておいたほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、これは人にもよると思いますが、せっかく体外受精にチャレンジするのであれば、良い結果が出るために少しでもできることがあればという気持ちで、サプリメントなどを摂取したいと考える人もいると思います。

 

このサプリメントに関しては、治療中は、病院から摂取を強制されるわけではないのですが、やはり病院推奨の栄養素などは摂りたくなりますし、妊活に効果的なサプリメントも多く販売されていることを考えると、サプリメント購入のために、ある程度の予算が必要と言えます。

 

私たちもサプリメントを摂りたいと考え、実際に、それなりのお金をかけました。高いサプリメントといっても不妊治療でかかる費用に比べたら低いので、値段関係なく良いものを選ぶようにしていました。

 

とはいえ、私たちは平均的な所得の夫婦であり、決して高額所得者というわけはありません。そのため、高額な不妊治療費が家計的には厳しかったのですが、良い結果が早く出たほうが結果的に安く済むと考えて、サプリメントに投資しました。

 

ちなみに前述したように、採卵時に摂れた卵子の数や受精卵のグレードにもよるのですが、受精卵が余った場合、冷凍保存が可能な病院も存在します。私たちの病院も冷凍保存ができたので、利用することにしました。

 

冷凍保存の費用は2~3万円程度ですが、保存期間は1年間となっていて、そこから継続して保存するためにはまた更新料(約1万円)がかかるとのことでした。

 

このように不妊治療にかかるお金に関しては、治療内容によって差はありますが、高額な費用を払うことになるケースが多いので、夫婦でしっかりと話し合いをして、治療費の上限支払い額や治療ごとに、どの程度のお金を支払うかを決めておくことをオススメします。