身近じゃない人でも頼れる!

 

前から述べているように、妊活は出口が決められていないですし、孤独に感じることも多く、様々な場面で葛藤することが出てくるので、大きなストレスを抱える可能性が高いです。

 

妊活中に頼れる人を持つことが、精神面において大変助かりますし、その人が妊活経験者であれば、色々な情報を共有してもらえるので、一石二鳥です。

 

本当は自分のパートナーに頼ることができるのが一番なのですが、当然パートナーも一緒に妊活をしているので、同じように精神的にストレスを感じているケースが、少なくありません。

 

また、パートナーが非協力的だと、そのパートナーがストレスの原因となってしまっている場合もあるので、第三者に頼るのが、ベストな方法だと思います。

 

当然、病院の先生に不安や悩みを聞いてもらって、解決できることもあると思いますが、いつでも頼れるわけではないですし、医療に関係のないことは相談しにくいので、支えになってもらえる人を、ほかに探すことをオススメします。

 

頼ると聞くとどうしても、直接会って愚痴を聞いてもらったり、心配事の相談をしたりするのを想像すると思いますが、同じ境遇だった人が書いた過去のブログやSNSを見て、悩みを解決する方法もあります。

 

これだと直接知らない人でも、文章を通じて心の支えになってもらえますし、深夜だろうが休日だろうが関係なく、不安になった時に、いつでも助けてもらえます。

 

ブログやSNSで情報を発信している人は、その当時、ずっと悩みながら、文章を書いているので、共感できる部分が多く、一度はそういうサイトを見ておいて損はしません。特に、妊活に成功した人のブログは、モチベーション維持に役立ちました。

 

自分たちだけ、なぜ妊娠できないのだろう、などと考えてしまう時に、ほかにも自分と同じように頑張っている人がいるのだというのが分かるだけでも楽になります。

 

さらに、その人が頑張った結果妊娠することができたというのは、自分たちも妊娠できるのかもしれないという励みにもなります。

 

また、芸能人などの有名な人も妊活をしており、こまめにブログをアップしているので、多くの情報を得ることができました。ブログやSNSでなくても、本や雑誌に、体験記や不安時の乗り越え方などが、書かれているので、参考にしてみてください。

 

もちろん、身近に妊活の経験者がいて、相談しやすい間柄であれば、話を聞いてもらうのはとても有効な手段です。親には話しにくいことも多いので、友人や会社で親しい関係の人などに、相談できる人がいると良いと思います。

 

私たちには、そのような人はいなかったので、最初は、精神的にきつかったのですが、途中からは、インターネット上の先輩方に支えられて、なんとか不安を払しょくすることができました。

 

自分たちにそのような経験があったので、自分たちの体験を伝えることで同じ思いで悩む人の助けに少しでもなればという思いが生まれたことも、私たちがこのサイトを立ち上げようと考えたきっかけのひとつです。