リフレッシュ&リラックス

 

以前に、日常生活のあれこれだけでなく、妊活自体も大きなストレスの原因になるとお伝えしました。まわりは、すんなりと妊娠しているのに、なぜ私だけ妊娠しないのだろう、とか、なぜこんなにしんどい思いをしないといけないのだろうと考える人も多いと思います。

 

バタバタもそうでしたが、妊娠しないことへの焦りは、いくら考えても答えが出ませんし、逃げることはできないので、強いストレスを感じてしまい辛かったです。

 

また、治療の結果待ちをしている時に、生理が来てしまうと悲しくなるのは当然ですし、今までやったことが無駄になった気がして、喪失感も出てきます。

 

リフレッシュの機会を作る

このように妊活自体が、ストレスとなってしまい、不妊につながっている可能性もあるので、ストレスを減らすためにも、たまにはリフレッシュをすることが必要です。

 

例えば思いきって海外旅行に行くなどができれば、気分も変わり、かなりのリフレッシュになると思いますが、仕事の都合などもあるので、なかなか簡単に行けるわけではありません。

 

リフレッシュといっても、大げさに考える必要はありませんし、新たに何かをしなければならないわけではないので、今までの生活の中で楽しいと感じたことを、気軽に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

アウトドアが好きな人は、キャンプやバーベキューに行ったり、山登りや海水浴に出かけたりするのもいいですし、スノーボードなどのスポーツで体を動かすのもオススメです。インドア派の人は、気になる映画を観たり、読書に明け暮れたりすると良いでしょう。

 

私たち夫婦は、かなりのインドア派なのですが、だからこそ逆に、バーベキューなどのちょっとしたアウトドアに誘われて行っただけで、非日常感を感じて、リフレッシュした気分になりました。

 

また、おいしいものを食べに行って、その時だけは、普段我慢しているものを気にせず食べるというのも、ストレス解消に使える方法です。普段から妊活に良い食事を摂ることを心掛けている人にとっては、効果的だと思います。

 

特に食べ物については、妊娠中やその後の授乳中のほうが、より気を使わないといけなくなり、好きなものを好きなだけ食べられるのは、妊活中のみと言えるので、いまのうちに、食事を楽しんでおいてください。

 

バタバタもボーミーも、食べることが大好きということもあり、通院が多い月や、仕事が忙しい月は、ストレスが溜まるので、お互いが好きなものを一緒に食べに行くようにしていました。

 

人間は、お腹がいっぱいになると自然と幸せな気分になれますし、好きなものを食べている時の会話はとても弾みます。

 

また、先ほども触れたように、妊活中のたばこはNGですが、お酒は適量であれば、問題ないとされているので、お酒を飲んで楽しい時間を過ごすのも、良いかもしれません。

 

あと手軽にできることとしては、思い切って髪形を変えてイメチェンしてみるという手もあります。ロングからショートにする、パーマをかける、などで、実際に気分はかなり変わります。

 

些細なことのようで、特に女性にとっては、効果が大きいように思います。前からしてみたかった髪形にした後、しばらく気持ちが浮かれているといった経験は、誰しもあると思います。(逆に、もし失敗したらかなりのストレスになってしまうかもしれませんが・・・)

 

そして、海外旅行とまではいかなくても、近場の温泉などでもいいので、旅行にいくのもオススメです。旅行も、妊娠中や子供が産まれたあとは、なかなか行けなくなるので、夫婦で行きたいところがあれば、今のうちに行っておきましょう。

 

私たちも少し休暇を取って、二人で旅行をして日常から離れてみたのですが、気持ちがかなりリラックスできて、今までの悩みや不安が、まぁなるようにしかならないしなぁ、などと思えるようになりました。

 

妊活中は、制約も多いですし、どうしたら妊娠できるのか、妊娠しやすくするためにはどうしたらいいのか、というようなことが、いつも頭にあったので、必要以上に考えすぎていたのだと思います。

 

そして、そうやって自分たちが妊活のことを考えすぎていたことにも、気付いていなかったので、それに気付けたことも良かったです。ストレスは意外と自分が気付かないうちに、溜まっていることが多いので、気を付けてくださいね。

 

私たちもしっかりとリラックスができた後は、頭の整理がきちんとできたので、赤ちゃんの生まれた後の幸せな生活を考えて、日々過ごすように心がけていたこともあり、ワクワクしながら生活できる日が増えたと思います。

 

リフレッシュ&リラックス

一日の終わりにリラックス

ストレスを溜めないためには、時々のリフレッシュも大切ですが、日常的に、リラックスできる時間を持つというのもかなり重要です。忙しい毎日のなかでは、なかなか難しいかもしれませんが、忙しい時こそ特に、少しでもリラックスする時間が取れるよう心掛けましょう。

 

パタパタは、リラックスするために、ぬるめのお風呂にゆっくりつかること、寝る前にしっかりとストレッチをすることを日課としていましたが、一日の終わりにそうやってリラックスできたのは、とても良かったなと思っています。

 

また、コーヒーなどのカフェインを控えていたおかげもあって、色々な種類のハーブティを楽しんだりすることで、気分をリラックスさせていました。これらは体質改善のところでも紹介したのですが、気軽にできる方法なので、是非試してみてください。

 

また、ストレッチなどの時間を取ることも難しいという場合は、植物の香りを抽出した精油を使ったアロマを活用するという方法もあります。アロマを焚いておけばいいだけなので、時間も手間もかかりませんし、オススメのリラックス方法です。

 

アロマオイルの種類のなかには、リラックス効果だけでなく、安眠や集中力アップ、頭痛やのどの痛みといったものから、生理痛や冷え性の改善といった効果も、期待できるものがあるので、妊活に向いているものを選べば、一石二鳥です。

 

私たちの場合、最初は、そうはいってもそんなに効果はないだろうと思っていたのですが、実際にやってみると、気軽にできるうえに、色々な香りを楽しむことで、少し幸せな気分になれたので、やってみて損はありません。

 

ただし、アロマテラピーの方法は、いくつかあるのですが、私たちが行ったのは、アロマライトで部屋に香りを満たす方法だけなので、他の方法が安全なのかは分かりません。

 

なお、ほかには肌に直接付ける方法などもあるので、専門家に相談しながら、少量ずつ様子を見て使用して、自分に合った方法を探してみてください。妊娠中に使用できるアロマもあるので、妊活後にも活用できます。

 

また、人気の香りでも人によっては、嫌な臭いと感じることがあるので、その場合は、すぐに利用を止めてください。(良い香りで心地良い時間を過ごすつもりが、逆にストレスを溜めてしまうことになりかねません。)

 

ここまで、お読み頂けたのであれば、リフレッシュやリラックスすることの重要性を、理解して頂けたと思いますが、それと同じくらいストレスを減らすことも大切です。

 

何回も繰り返しになりますが、夫婦どちらも妊活に対する考えが、同じ方向に向いていないと、お互いが妊活中の細かい変化や不満などに気付かないので、ストレスが溜まりやすくなります。

 

そのため、夫婦がしっかりと意志疎通を行うことが、妊活の成功には不可欠です。もし、旦那さんが奥さんと一緒に病院に行く機会が少ない場合は、少しでも増やすことをオススメします。

 

病院に一緒に行き、医師の話をしっかりと聞くことで、同じ目標を持つことができますし、妊活のやる気の入り方も変わってくるので、できるだけ夫婦で病院通いをしてみてください。