妊活中は、禁煙すること

 

たばこは、お酒と違って不妊の原因となることが、医学的に証明されているので、妊活にたばこは厳禁です。

 

ニコチンには血管を収縮させる働きがあるので、血の巡りを悪くしてしまい、子宮や卵巣に十分な血液が送られなくなってしまいます。

 

また、喫煙するとホルモンの分泌量も減るため、受精卵が着床しにくい体質になってしまうので、注意が必要です。

 

女性だけでなく男性も、精子数の減少、運動量の低下、奇形率の増加の原因になるので、たばこはやめる必要があります。

 

このように、生殖機能に悪影響を及ぼすたばこですが、幸いパタパタもボーミーも吸っていなかったので、ここは問題なしでしたが、担当医から妊活中は、たばこの煙を絶対吸わないようにと注意を受けたので、受動喫煙にも気を付けるように心がけました。

 

たばこは、流産や早産の確率を上げるので、喫煙の習慣がある人は、この機会に禁煙をはじめてみてはいかがでしょうか。妊娠してからは、つわりなどで体調不良になることも少なくないので、その状態での禁煙スタートは、ストレスにもつながってしまいます。

 

ただし、禁煙を自分の力だけで行うのは、非常に大変なので、禁煙外来を活用する方法も考慮してみてください。最近では、禁煙するための飲み薬や貼り薬が発売されており、種類によっては健康保険も使えます。

 

知人が妊娠中に禁煙外来に行ったところ、初めの治療法として、禁煙は苦しいというイメージをポジティブな思考を変えていく認知療法や、たばこを吸いたくなったらガムを食べたり、歯磨きをしたりする行動療法を行ったそうです。

 

ただし、その治療法では、ばこをやめられなくて、その後、薬物療法に変わったのですが、パッチやガムは、ニコチンが入っているため、妊婦には使用できないので、飲み薬を処方され、禁煙は成功しました。

 

このように、妊娠すると使えなくなる薬もありますが、問診時に妊娠を望んでいることを伝えておけば、妊活中や妊娠中でも使える薬を選んでもらえます。

 

ちなみに、その知人に、なぜ、禁煙に成功出来たのか、聞いてみたのですが、健康状態を確認しながら、医師の指導のもとに、治療を行えるので、精神的も安定していたことが、良い結果につながったみたいです。

 

こんな話だけを聞くと、簡単にたばこをやめられるような気もしますが、薬物を使うということもあって、副作用の心配がありますし、実際に、吐き気や頭痛だけでなく、うつ症状が出る可能性もあるようなので、専門家のアドバイスを受けながら、慎重に進めていってください。

 

また、どの方法を選んでも、禁煙には夫婦での支え合いが大切ということも、忘れないようにしてください。