一般クリニックと不妊外来について

 

一般的な産婦人科やレディースクリニックといった病院でできる不妊治療は、タイミング法、人工授精までです。体外受精を行うには、専門の技術を持ったスタッフと設備が必要になるため、ほとんどの一般クリニックではできない治療になります。

 

とはいえ、いきなり不妊外来に行くことはけっこうハードルが高く、なかなか勇気がいることだと思います。婦人科などの一般的なクリニックであれば、普段から行く機会があるので、気軽に相談してみることができます。

 

私たちも最初は、不妊治療をするにしても、体外受精まで行うことにはならないだろうと勝手に思っていたので、パタパタのかかりつけ医である一般クリニックへ通うことにしました。

 

不妊外来の中には、一般クリニックでの基本的な治療を受けても効果がなかった人を主に受け入れるといったところもあり、その場合は一般クリニックからの紹介状が必要になるので、そういった意味でも、まずは一般クリニックに相談してみると良いと思います。

 

一方で、不妊外来では、一般クリニックではできなかった体外受精にチャレンジすることができますが、体外受精の場合は、病院の技術や設備によって成功率が違ってきます。また、病院の方針によって、その人に合う合わないがありますので、病院選びは大切です。

 

不妊外来といっても、県や市の総合病院内にあるものと、個人で不妊のみを専門としている病院があり、それぞれメリットデメリットがあります。

 

総合病院のメリット

県や市の総合病院だと、費用がそれほど高すぎないというメリットがあります。体外受精は自費診療のため、病院によってかかる費用が違います。1度で終わらず治療を何度か続けることも多く、トータルの金額では大きな差が出てきます。

 

個人病院の中には、かなり高い費用となるところもありますが、県や市の病院であれば、個人病院と比べてそれほど高くなることはないと思います。もちろん、個人病院でも、安い金額となっているところもありますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

また、総合病院の場合、妊娠後も、同じ病院の産科で出産出来るというメリットもあります。出産時のトラブルなどにも、その場で迅速に対応してもらえるため、安心感があります。

 

実際に妊娠時や出産時のトラブルで、個人病院から総合病院に搬送されるケースは、少なくないので、そこは大きなメリットだと思います。

 

特に高齢出産であればあるほど、妊娠高血圧症候群などにかかる可能性が高くなりますので、そういった人は、総合病院での出産を選択したほうが、安心かもしれません。

 

個人病院で何度か体外受精をしたものの妊娠に至らなかった夫婦から聞いた話なのですが、何回かやっていると、だんだん病院がちゃんとやってくれているのか、ちょっと不安になってしまうそうです。

 

病院とすれば回数を重ねれば重ねるだけ儲かるので、そんなことないとは思うけど、ちょっと疑って考えちゃうよね、と言っていて、その気持ちはちょっと分かるかも、と思いました。県や市の機関であれば、この点については、それほど気にならない気がします。

 

もちろんこれは根拠のない不確かなことで、ただの気持ちの問題なのですが、不妊治療が続くと精神的にもきつくなってくるので、そういった気持ちが生まれてくるのだと思います。実際は個人病院もそんなことはなく、真剣に取り組んでくれているはずですが。

 

ちなみにパタパタは、それでなくても何も分からなくて不安な体外受精をするのに、少しでもそういった不安な気持ちになる可能性がないほうが良いと考えたことと、産むなら総合病院で産みたいという思いから、総合病院での治療を選びました。

 

一般クリニックと不妊外来について

個人病院のメリット

一方で個人病院にもメリットがたくさんあります。県や市の総合病院は、平日のみの診察で、診察時間もわりと早い時間で終わってしまいます。個人病院の場合、大抵は土曜日も診察してもらえますし、診察時間も夕方遅くまでとなっています。

 

仕事をしながら通院する時でも、半休や早退をしなくても良いので、土曜日や夕方遅くまでの診察はとても助かります。

 

また、個人病院の中には、他の患者さんと会わなくて済むような配慮がされていたり、専門のカウンセラーが色々な悩み相談に応じてくれたりと、患者さんの心のケアに、かなり力を入れているところもあります。

 

待合室や病院の雰囲気も、患者さんがリラックスして居られるよう配慮されているところが多いのですが、総合病院の場合はどちらかというと、ザ・病院、といった無機質な感じになるので、こういったことが気になる人は、個人病院のほうが良いかもしれません。

 

まとめ

このように、総合病院、個人病院、どちらの病院も一長一短あるので、不妊外来を探す時には、自分たちの価値観に合った病院に行くことをオススメします。

 

そうすれば、不妊治療を進めるうえで、少しでも体や心の負担を少なくできるので、口コミやホームページなどの情報を確認して、しっかりと調べるようにしてみてください。