体外受精

 

体外受精は、体内から取り出した卵子と精子を体の外で受精させ、受精卵をさらに培養して細胞分裂させた、胚(細胞分裂の始まった段階)の状態で子宮に入れる治療法です。

 

人工授精と違い、受精して胚となるステップを既にクリアして、着床のタイミングで子宮に入れるため、妊娠の確率は数倍高くなりますし、人工授精では妊娠が難しいとされる症状の人でも妊娠することが可能です。

 

体外受精を行うための条件

そのため人工授精よりも多くの人が受けられる治療となっていますが、条件として、女性側には卵巣内での卵子の発育が正常であること、子宮内に異常がないことという2点が、男性側には精子がきちんと作られていることが適応条件となっています。

 

子宮内の異常と言っても、先天性の発育異常や子宮筋腫、子宮内膜症など様々な原因がありますが、罹患していても妊娠できることもありますし、もちろん治療できる可能性もあるので、事前の検査によって状態を確認する必要があります。

 

適応条件は、一定の基準はありますが、病院ごとに決めているので、自分の症状が妊娠できるものなのかどうか、まずは、医者に相談してみてください。また、その時には、説明の内容に関して、不明な点を質問すると良いでしょう。

 

体外受精の流れ

体外受精の流れとしては、まずは、卵巣の中で卵子を成熟させ、排卵する直前に採卵します。その卵子と選別された精子を受精させて、受精卵の状態にして、それから培養することで、受精卵が細胞分裂して、胚という状態になります。

 

この胚を子宮内に移植して、その後は妊娠しやすいように薬でホルモン環境を整えます。細胞分裂には段階があり、どの段階の胚を子宮に移植するのかは、その人の症状や病院の方針によって異なります。

 

また、できた胚をそのまま移植する場合もあれば、いったん凍結しておいて、子宮を休ませるために1周期以上あけてから解凍したものを移植する場合もあります。

 

自然排卵であれば成熟する卵子の数は1~2個なのですが、体外受精の場合は、10個前後の成熟卵子を採取することが可能です。

 

採卵するにあたって、まず卵巣の中の卵胞の様子を超音波検査で確認した後に行うことになります。この時には数種類のホルモン剤を使用して、卵子の数や発育状況を調整するのですが、接種は自己注射や点鼻薬ですることになります。

 

卵子の数が多すぎたり、育ちすぎて排卵してしまったりするのを防ぐためにも、数日おき、もしくはほぼ毎日通院する必要があります。(この頻繁に通院が必要となることが、働いている人にとっては体外受精の一番のネックでもあります。)

 

卵子を成熟させる方法

なお、卵子を成熟させていく方法は、卵巣刺激といって主に点鼻薬を使うアゴニスト法(ショート法、ロング法等)、主に皮下注射を使うアンタゴニスト法があります。

 

また、刺激の少ない方法としては、クロミッド法などがあり、通院回数が少なくてすむので費用も安めといった利点はあるのですが、アゴニスト法やアンタゴニスト法の方が、より多くの良質な卵子を取れる可能性が高くなっています。

 

私たちの通っていた病院では、アンタゴニスト法が、妊娠の可能性を上げて、卵巣過剰刺激症候群のリスクを減らすことができる一番の方法と考えられていたので、アンタゴニスト法で治療を行うことになりました。

 

アンタゴニスト法は、毎日皮下注射を打つ必要があり、通院して打つか自分で打つかを選択することになると言われ、パタパタは、何日間も続けて病院に通うことは難しかったので、自己注射を選びました。

 

(自己注射の場合でも、数日おきの通院は必要ですし、途中からは経過観察と病院での注射が追加されるため、毎日の通院となります。)

 

パタパタはかなりの注射嫌いなので不安がありましたが、注射の針が細いので、痛みを感じることはほとんどなくて助かりました。

 

不安点を挙げるならば、注射の薬の量が日によって決められていて、打つのを忘れたり、量を間違えたりすると、もう続けることができなくなってしまう、と言われたことでした。そういう意味でも、慣れるまでの自己注射は、かなり緊張しました。

 

卵子の採取と受精

そうやって成熟した卵子を採取するには、手術室のような採卵室で行うことになるのですが、麻酔を打った後に卵巣に注射器で針を刺して採卵します。20分前後で終わりますが、パタパタが採卵したときは途中で麻酔が切れたのか、後半はけっこうな痛みがありました。

 

この採卵した卵子と精子とを受精させ、培養して胚にするのですが、その第一段階の受精がうまくいかない人もいます。その場合は受精の手助けをするために、顕微鏡で見ながら卵子に直接精子を入れて受精させる、顕微授精といった技術を使う可能性もあります。

 

(受精や培養のときに、受精卵や質の良い胚ができるかどうかは、培養士の腕や病院の設備によって大きく変わります。)

 

ちなみに、この胚には、細胞分裂の質によって、グレードを決められます。グレードが高い胚だと、妊娠率が上がるのですが、低いからといって、障害を持った子供が生まれる確率が上がるとか、染色体異常があるというわけではありません。

 

胚の移植

次に、こうしてできた胚を子宮に注入するのですが、この胚を子宮に注入することを移植と言います。移植は内診と同じくらいの痛みしか感じることはないと言われていて、パタパタも実際にほとんど痛みはありませんでした。

 

移植時に、一度に多くの胚を戻した方が、妊娠率自体は上がるのですが、基本的には、様々なリスクのある多胎妊娠を避けるために、胚数は減らす病院が多いです。

 

多胎妊娠のリスクについては、母体への負担はもちろんのこと、胎児の病気や死産の確率も大きく上がるので、私たちの病院では妊娠率が下がっても、胚数は1つしか移植しないと医師に説明されました。

 

複数採卵して胚がいくつかできた場合は、移植に使わなかった胚が残るので、残った胚を凍結保存して、違う機会に移植する時に融解して使うことができます。

 

なお、先述した卵巣過剰刺激症候群の患者は、いったん胚を凍結して、身体を休ませることを最優先させます。

 

ちなみに、残った胚を凍結しておくことで、今回の移植で妊娠した場合でも、次の妊娠をと考えたときに、もう一度採卵することなく胚移植することが可能という利点があります。

 

胚移植後は子宮が胚を受け入れやすくするために、ホルモン剤注射、内服薬、貼り薬、膣座薬などを投与します。ホルモンの状況を調べるために採血を行うので、妊娠判定が出るまでまた何日おきかのスパンで通院することになります。

 

体外受精

体外受精の妊娠率

ちなみに1度の体外受精での妊娠率は、約30%とされていますが、出産まで進むことができる確率でいうと、約20%前後と言われています。体外受精は自然妊娠と比べて、流産率と子宮外妊娠率が少し上がるようです。

 

体外受精は、始めてから移植までに時間がかかりますが、タイミング法や人工授精と比較しても高い妊娠率となりますので、それらの治療を長く続けるよりは、体外受精にステップアップしたほうが結果的には早く妊娠できるという可能性があります。

 

とはいえ、タイミング法や人工授精での治療と比べると、体外受精にかかる費用は格段に高く、一度の採卵から移植までおこなった場合で、一般的に30万~80万円程度の費用がかかります。

 

この費用は、採卵方法や採卵数、また病院によっても大きく変わり、私たちの病院では、50万~80万円と説明されました。

 

ただ、市町村によっては、申請をすれば不妊治療助成金がもらえる場合があるので、費用の面については、そのあたりも調べたうえで、検討してみるといいでしょう。