人工授精

 

人工授精は、精子を直接子宮内に注入することで、妊娠率を向上させる治療法です。運動率の高い元気な精子だけを抽出し、もっとも妊娠しやすい排卵のタイミングで子宮に注入します。その後は自然妊娠とまったく同様の経過となります。

 

人工授精というネーミングから誤解されがちですが、人工とはいっても、あまり特別なことはしません。受精のタイミングに合わせること、かつ元気な精子が選ばれているという点では、自然妊娠よりも有利ですが、卵子と精子が受精した後の妊娠に至るまでの確率は同じです。

 

つまりほぼ自然妊娠と大きくは変わらないため、妊娠率は自然妊娠と比べてもそれほど高くなく、数%上がる程度です。

 

ただし、精子が子宮に到達するという最初のステップは確実にクリアされますので、男性側に比較的軽度の精子異常がある場合や、射精障害がある場合には効果的といえます。

 

また、女性側の人工授精の適応条件として、排卵がある、排卵通過性がある、子宮内の異常がないという3点があり、この箇所に異常がある場合は、治療後に人工授精をすることとなります。

 

人工授精に関連する検査

私たちも人工授精を行ったのですが、その前に、病院から卵管造影検査と精子の検査を勧められました。

 

卵管造影検査は、卵管に造影剤を入れて、卵管が詰まっていないか、ちゃんと卵子が通ることができるのかを見る検査です。もし、卵管に軽度の詰まりがあった場合でも、この検査をすることで卵管が通るようになり、検査後に妊娠しやすくなるというメリットもあります。

 

卵管に問題がない場合でも、卵管が刺激を受けて動きが活発になるため、同様に妊娠しやすくなります。ちなみに検査後の妊娠しやすくなる期間は、3周期くらいだそうなので、特に人工授精の前に、検査することを勧められました。

 

(ちなみにこの検査は、人によってはけっこうな痛みを伴うようです。病院の先生にもよるようなので、そのあたりの情報も事前に調べてみると良いかもしれません。)

 

精子の検査については、運動率や精子数といった項目になりますが、病院によっては、ほとんど検査を行わず、人工授精を開始するケースもあります。

 

最近の傾向として、不妊の原因が男性にあるケースが増えており、私たちが通った病院においても、人工授精を何度か行った後で、実は男性が無精子症だったことが発覚したというケースがあったそうで、そうならないためにも、先に検査をしておくことを勧められました。

 

ちなみに、このような男性の検査は、恥ずかしいからなのか忙しいからなのかは分からないのですが、嫌がる人がけっこう多いと看護師さんが言われていました。

 

また、人工授精当日は、採精室でマスターベーションによって新鮮な精子を採取するのですが、どうしても用事があって難しい場合には、当日の朝に自宅で採取して病院へ持っていく方法を選べる病院もあります。

 

ボーミーは、無機質な採精室での、この作業が苦手でしたが、治療中に何回か繰り返すことによって、だんだん慣れていきましたし、子供が欲しいという目的があるので、何とか乗り越えることができました。

 

このように、最初は嫌と感じるかもしれませんが、何回か我慢すれば何とかなるものなので、頑張ってみてください。(これは、個人的な意見なので、どうしようもないほど、本当にきついときは、はじめから医師や奥さんと話し合ったほうが良いです。)

 

採取した精子をそのまま子宮に入れると、子宮収縮や感染の恐れがあるので、洗浄と濃縮などの処理が必要となります。精子にも個人差があり、壊れやすいものや扱いにくいものがあります。

 

この作業は、胚培養士が行うのですが、病院によって技術や器具の差があるので、実際に人工授精をする場合は、医師に確認してみてください。個人クリニックの場合には、看護師さんが行うケースがほとんどだと思います。

 

人工授精そのものは、それほど難しい作業ではないそうで、子宮内にチューブを入れて、注射器で精子を注入するものです。痛みを伴う場合があると説明されていたのですが、パタパタは、少し痛かったぐらいです。

 

その後、1週間前後で病院に行き、超音波検査とホルモン検査によって、ちゃんと排卵されたかどうかをチェックします。この時、必要であれば、ホルモン剤を投与されることもあります。

 

人工授精

排卵誘発剤のメリットとリスク

なお、排卵しにくい体質の人だと、事前に排卵誘発剤を使って、排卵を起こりやすくすることがあるのですが、その際には多胎妊娠のリスクや、卵巣が腫れたり腹水・胸水が溜まったりすることがあります。

 

この症状を卵巣過剰刺激症候群というのですが、ひどい場合には入院する患者さんもいるようで、担当医さんの話では、細心の注意を払って治療を行わっているということでした。

 

ちなみに、「排卵誘発剤を使用すると、癌の確率が上がるのですか?」とよく聞かれるようなのですが、担当医さんいわく、「昔はそのような報告があり、議論になりましたが、現在はその意見には否定的なので、安心してください」ということでした。

 

まとめ

このように、病院によって、予算、器具、治療方針など違いがあるので、個別に問い合わせて自分に合った病院を探してみてください。なお、人工授精は健康保険適用外の治療となっており、治療だけでなく投薬についても保険がききません。

 

費用も病院によってそれぞれ違うので、その点も確認しておくと良いです。私たちは2つの病院でチャレンジしましたが、その2つの病院では、一回の人工授精で8000円程度の差がありました。

 

一般的には、人工授精は、個人的に行うタイミング法と比べた場合、妊娠率をおよそ2倍にすると言われていますが、5~6回チャレンジしても妊娠に至らなければ、人工授精を続けても妊娠する確率は低く、次のステップを考えるように勧められました。

 

病院によってはこの回数を4回と考えているところもあるそうなので、人工授精を行う前にしっかりと治療について話し合うことをオススメします。